top of page
検索
  • 着物弁護士 れい子先生

【 釣った魚にこそ!餌をあげよう💖】


日本には「釣った魚には、餌をやらない」との言葉もありますが・・・コレを、夫婦間に持ち込むと・・・熟年離婚まっしぐらになります!!!


考えてもみてください。


せっかく、釣って来たのに、餌をあげなければ、その魚は、数日で死にます。当たり前の話です。


釣った魚🐟に、元気で生きていて欲しければ、当然のことながら、魚🐟んの住んでいた様な良い環境を用意して、かつ、魚🐟さの好みのお餌を与える必要があるのですネ。


自分に嫁いでくれた妻に、長い間、イキイキと美しくいて欲しいのならば、良い環境と良いお食事を用意する必要があるのです。



幸せな夫婦関係を築きたいと願っている男性は、ぜひぜひ「釣った魚にこそ餌をあげよう💖」を自分への格言としてくださいませ❣



釣ってもいない魚なぞ、大事にしても、見返りはありません。時間とお金の無駄遣いとなります。



釣った(釣れてくれた)魚こそ、自分と長い人生を共に生きてくれる大切な存在です❣️


どうぞ男性方は、いつまでも、周りをキョロキョロ見回しているのではなく、自分の人生の足場となるパートナーを本気で大切にしてくださいませ💖



今ならまだ、間に合うはずですから!きっと。たぶん。





閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示

男性の方々を話しておりますと・・・自分の妻が、自分の家庭にドーンと居座っているのは、当たり前のことだ。と言う方が多数います。 えーきっと、当たり前のことなのかもしれません。自分の妻ですから。 でも・・・この当たり前のように見えた風景は、ある日、崩壊するかもしれないんですね。 健康だけには、自信があった男性が、ある日、突然、病気になることがあるように。 当たり前の様にいる妻から、ある日、突然、「離婚

bottom of page